GLP-1

ダイエット注射

ダイエット注射(GLP-1)

「痩せホルモン」はGLP-1とよばれている、もともと人の体内に存在し腸から分泌されるホルモンのことで、主な働きはインスリン分泌を促すことです。このGLP-1の分泌量が多いと食欲が抑えられ、脂肪が分解しやすいので太りにくく痩せやすいと言われています。逆にGLP-1の分泌量が少ないと、食欲が抑えられず食べ過ぎるので、結果的に太りやすくなります。
この痩せホルモンを毎日体内に取り込むだけで、体質を改善して自然にダイエットできるのがにしたんクリニックの「ダイエット注射(GLP-1)」です。

2020年4月30日(木)より、オンライン診療の初診を開始しました。

ダイエット注射(GLP-1)の打ち方

ダイエット注射(GLP-1)は、ご自宅でご自身でお使いいただく注射になります。
注射は、医師に処方された量を1日1回、約1分程度で終わります。

【トータル編】(約1分)

【準備編】(約40秒)

【注射編】(約1分)

ダイエット注射(GLP-1)の料⾦表

・ダイエット注射(GLP-1)
所要時間:約30分(初診時)
1本(約30日分) ¥ 50,000

ダイエット注射(GLP-1)のよくある質問

Q.治療の副作用はありますか?
GLP-1の使用を開始した治療初期に便秘、『吐き気、胃のむかつき、下痢などの症状』が現れる場合がありますが、全く症状が出なかった方もいらっしゃいます。
副作用が心配な場合は、治療前の診察時に診察医師へお気軽にご相談ください。
ほとんどの場合、治療を続けていくうちに症状は自然と消えていきますが、万が一症状の強く出てしまう場合は医師にご相談ください。
Q.治療の際、痛みはありますか?
GLP-1ホルモン注射で使用する針は、一般的な採血などで使用する針よりも短く細い針を使用しています。
髪の毛くらいの極薄針なので、痛みはほとんどありません。
また、注射の跡も残りませんので、安心して治療をしていただけます。
Q.治療はだれでも受けられますか?
糖尿病の治療中の方、膵臓に異常のある方、癌の既住歴がある方又は治療中の方、妊娠中の方、産後3ヵ月以内の方(中絶・流産含む)、極度に痩せている方は治療をお受けいただけません。その他疑問点やご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。

ダイエット注射(GLP-1)の注意事項

  • ・ご自身での皮下注射を行うため、指導時の使用方法を守って治療を行ってください。
  • ・自己注射により、稀に内出血などの症状がみられることがありますが、数日で落ち着きます。
  • ・糖尿病治療中の方は治療薬の内容により、GLP-1注射療法を受けられない場合があります。
  • ・その他、甲状腺疾患、膵臓疾患の方についてもGLP-1注射療法が受けられない場合があります。
  • ・重度の胃腸障害のある方、膵炎の既往歴のある方、妊娠中、授乳中の方はGLP-1注射療法を受けられません。

ダイエット注射(GLP-1)のリスク・副作用

  • ・治療初期に胃部不快感、胃が張っている感じ、頭痛・便秘・下痢といった消化器症状が出ることがあります。
  • ・治療を続けていくことで、症状が軽減されていきます。ただし、副作用が強い場合は医師にご相談ください。

診療日

渋谷院
銀座院
オンライン診療

【特別休診のお知らせ】

新型コロナ感染予防対策として当面の間、下記曜日を休診いたします。
渋谷院金曜/日曜/祝日
銀座院月曜/日曜/祝日
オンライン診療祝日

診療時間

渋谷・銀座院12:00〜20:00(最終受付19:30)
オンライン診療10:00〜20:00(日/月/金)、12:00〜20:00(火/水/木/土)

■診療時間を超えるメニューはお受けできません。
施術時間をご確認の上、ご予約ください。

■未成年(20歳未満)の方は親権者の同意が必要です。(詳細はこちら

■16歳未満の方は受診できません。ご了承ください。

【当院は完全自費診療(保険外診療)です】